NEW ENTRY

最新情報

「シングルセル解析」のキーテクノロジー③ in 第41回日本分子生物学会年会

テクノロジー

シングルセル日本分子生物学会

大学の研究室はじめ、様々な研究機関でその実験機器が用いられているタカラバイオ株式会社。シングルセル調整システムおよび試薬の分野に強みを持つ同社にお話を伺いました。

細胞を分注し、シングルセルを取得。

細胞の生死を見分けることができるのが特徴 執行役員 博士(バイオサイエンス) 北川正成さん  タカラバイオ株式会社が取り扱うシングルセル調整システム「ICELL8 」は、シングルセルを分注する機械です。「ICELL8 」の特色は調整した目的細胞をストレスなくシングルセルに分離し、取得。最大の特色は、その分離したシングルセル細胞が生きているか死んでいるかを見ながら、自分が解析したいセルを選べるという点です。細胞の分注後、システム本体に内蔵されたイメージング機能が画像を解析し、生きたシングルセルのみを自動的に選択。意図しないサンプルを解析する手間を省くことができます。これにより、シングルセル解析の課題の一つである、大量のデータ解析が必要になる非効率性をクリアすることができます。  同社のシングルセル調整システム「ICELL8 」がよく使われているのはiPSやES細胞の分化の過程を追跡する研究。シングルセルに分けた細胞のいろいろな特徴を知りたいというところでニーズに応える必須の技術ということができるかもしれません。  「今後の可能性としては、遺伝子のアプリケーションのみではなく、そのほかエピゲノムなどのゲノム解析、免疫細胞のプロファイリング、免疫細胞の抗体遺伝子が発現しているところのバックグラウンドを同時に見ることができるなど、シングルセル解析でわかることがどんどん増えることも予測されています。ガンの免疫治療の新しい手法やエビデンス取得の手法に必ず役に立つと思います。また、解析機器のみではなく、解析するときの試薬の開発も大切ですね。弊社は試薬の分野にも強みがありますが、開発のアイデアがどんどん広がっていけばと思います」と北川さんは話します。
▲ 本大会に掲出されていたSMARTer™ ICELL8® cx Single-Cell Systemのデモ実施の告知。

ところでタカラバイオのシステムは、大学の研究室をはじめとする研究機関で多く利用されています。機器の導入の際には、デモストレーションのラボでサンプルを利用してもらったり、実際に機器を設置し、使いながら導入を検討してもらったりするそう。  「機器導入のキーマンは、研究室を主催している人ではなく、実験を主導する助教さんなどであることも多いですね。弊社のラボは、学生さんに来ていただくのも『大歓迎』です。シングルセル解析は、新しい手法を開発して行くというのが面白味です。自分独自の解析のストラテジーなどを考え、挑んでいってほしいと思います」

取材先

タカラバイオ株式会社 公式サイト:http://www.takara-bio.co.jp/index.html 住所:滋賀県草津市野路東七丁目4番38号

おすすめの記事